SNSで話題!美容効果抜群の「豊潤サジー」今だけ500円!試してみる>>>

ライトトラックス4とライトトラックスの違いを比較!おすすめはどっち?

ライトトラックス4とライトトラックスの違いを比較!おすすめはどっち?

Joieベビーカーライトトラックス4とライトトラックスの違いを比較しました。

ライトトラックス4とライトトラックスの違いは5つあります。

  1. 色の違い
  2. リクライニング、フットレストの調節の仕方の違い
  3. かご・ほろ取り外しできるかどうかの違い
  4. 手元収納があるかないかの違い
  5. タイヤの数の違い

ライトトラックスは、イギリス発の小型ベビーカーです。

なんとドイツでは10人に一人が使っているという人気ぶり。その人気の秘密は、小回りのきく車体に加えて、折りたたみの簡単さやトラベルシステムにあるようです。

ライトトラックスの特徴は、3輪タイヤで小回りがきくこと。

ライトトラックス4では4輪タイヤになりましたが、3輪タイヤの機動性と4輪タイヤの安定性を両立させることに成功しました。

そして、お母さんに嬉しい「手元収納」を新たに追加。

リクライニングやフットレストなども少し変化しています。

本文では、その他ライトトラックス4とライトトラックスの違いを詳しく書いているのでぜひ読んでみてくださいね♪

また、Joieベビーカーライトトラックスエアの口コミをこちらにまとめていますので、興味のある方は読んでみてくださいね↓

ライトトラックスエアの口コミ評価は?自立しない?たたみ方洗い方も調査 ライトトラックスエアの口コミ評価は?自立しない?たたみ方洗い方も調査

▼安心の4輪タイヤ!手元収納あり!カゴやほろは取り外し可能のライトトラックス4はこちら

▼小回りが効く3輪タイヤ!自由にリクライニング可能!ライトトラックスはこちら

▼KATOJI公式オンラインストアでの購入はこちら

\会員登録でお得なクーポン配布中/

\メーカー直送/

品質保証!アフターサービスも安心

CHECK>>【公式】Joieベビーカーライトトラックス4を見てみる

CHECK>>【公式】Joieベビーカーライトトラックスを見てみる

ライトトラックス4とライトトラックスの違いを比較!

ライトトラックス4とライトトラックスの違いは5つあります。

  1. 色の違い
  2. リクライニング、フットレストの調節の仕方の違い
  3. かご・ほろ取り外しできるかどうかの違い
  4. 手元収納があるかないかの違い
  5. タイヤの数の違い

一つずつご紹介しますね♪

色の違い

ライトトラックスの色は、ミッドナイトとエクリプス、オレンジ、オリーブの4色。

ライトトラックス4は3色で、ローレル・グレーフランネル・コールです。

聞いただけでは何色か分かりにくいですが、どれもシックでおしゃれな色合いですよ。

リクライニング・フットレストの調節の仕方の違い

どちらも、座席のリクライニングやフットレストは備わっています。

違うのはその調節の仕方。

より自由に設定できるのはライトトラックス、好きな場所で固定して使えるのはライトトラックス4となっているようです。

ライトトラックスの方は120度~165度のリクライニングが可能で、好きなポジションで留めることができます。

フットレストも、好きな場所で調節可能です。

ライトトラックス4は、リクライニングは4段階で調節可能。

フットレストは2段階調節となっています。

▼安心の4輪タイヤ!手元収納あり!カゴやほろは取り外し可能のライトトラックス4はこちら

▼小回りが効く3輪タイヤ!自由にリクライニング可能!ライトトラックスはこちら

▼KATOJI公式オンラインストアでの購入はこちら

\会員登録でお得なクーポン配布中/

\メーカー直送/

品質保証!アフターサービスも安心

CHECK>>【公式】Joieベビーカーライトトラックス4を見てみる

CHECK>>【公式】Joieベビーカーライトトラックスを見てみる

かご・ほろ取り外しができるかどうかの違い

通常は取り外すことのないベビーカーの「かご」や「ほろ」。

ライトトラックスも外すことはできませんが、ライトトラックス4では取り外し可能になっています。

荷物置き場となっているベビーカーの「かご」は、意外とゴミなどが溜まりやすいもの。

取り外すことができれば、ささっと掃除もできて便利ですね。

ライトトラックス4は、「ほろ」の取り外しも可能です。

「ほろ」とはベビーカーについている日よけのこと。

ベビーカーの手入れをしたいときに、取り外せるパーツが多いと便利そうです。

手元収納があるかないかの違い

ライトトラックスになくて、ライトトラックス4にあるもの・・・それは「手元収納」です。

ベビーカーを押す持ち手のところに、ちょっとした収納がついているのがライトトラックス4の大きな特徴。

小物入れとドリンクホルダーというお母さんにはとてもありがたい収納です。

お散歩中のちょっとのどが渇いたとき、お買い物で財布が必要なとき、ちょっとハンカチを使いたいとき・・・わざわざカバンを開ける必要はもうありません。

手元収納にいれておけば、ちょっとしたときにサッと行動できて、とても便利が良さそうです。

▼安心の4輪タイヤ!手元収納あり!カゴやほろは取り外し可能のライトトラックス4はこちら

▼小回りが効く3輪タイヤ!自由にリクライニング可能!ライトトラックスはこちら

▼KATOJI公式オンラインストアでの購入はこちら

\会員登録でお得なクーポン配布中/

\メーカー直送/

品質保証!アフターサービスも安心

CHECK>>【公式】Joieベビーカーライトトラックス4を見てみる

CHECK>>【公式】Joieベビーカーライトトラックスを見てみる

タイヤの数の違い

ライトトラックスは、3輪タイヤです。

前が1輪で後ろが2輪。

前が1輪で360度回転するので操作性が良く、とても小回りがききます。

1輪なので、行きたい場所にサッと曲がることが簡単なのですね。

また、幅も54cmと小さく、改札だってベビーカーのまま通ることが可能です。

ライトトラックス4は、4輪タイヤです。

しかし前の2輪はタイヤ同士の幅がとても狭く、3輪タイヤの前輪がちょっと幅広になった感じ?とでも言えばいいでしょうか。

前輪2つのタイヤを近づけることで3輪タイヤの機動性を確保。

そのうえ、4輪にしたことで4輪タイヤの安定性も確保。

そして54cmという幅もそのままの小型ベビーカー。

とても欲張りな新しい形となっています。

ライトトラックス4とライトトラックスどっちがおすすめ?

どっち

ライトトラックス4がおすすめの方

  •  シックな色から選びたい
  •  リクライニングやフットレストはある程度固定しておきたい
  •  かごやほろは取り外せた方が便利
  •  手元収納がほしい!
  •  4輪タイヤの方が安心できる
  •  買うなら新型の方がいい

▼安心の4輪タイヤ!手元収納あり!カゴやほろは取り外し可能のライトトラックス4はこちら

ライトトラックスがおすすめの方

  •  リクライニングやフットレストは、自在に動かせる方がいい
  •  かごやほろは取り外せなくても問題ない
  •  手元収納は特に必要ない
  •  小回りのきく3輪タイヤのベビーカーがいい
  •  小型で安いベビーカーを探している

▼小回りが効く3輪タイヤ!自由にリクライニング可能!ライトトラックスはこちら

これまでの違いを表にまとめてみました↓

ライトトラックス4ライトトラックス
 
ローレルグレーフランネルコールミッドナイトオリーブ
リクライニング4段階調整無段階で調整可能
フットレスト2段階調整
かご取り外し×
ほろ取り外し×
手元収納ドリンクホルダー小物入れ×
タイヤ4輪3輪

なお、値段に関してはライトトラックスの方が1000円ほど安いです。

ただ値段は変動する可能性もありますので、現時点でどちらが安いかはチェックしてみてくださいね♪

\最安値をチェックしてみる/

▼安心の4輪タイヤ!手元収納あり!カゴやほろは取り外し可能のライトトラックス4はこちら

▼小回りが効く3輪タイヤ!自由にリクライニング可能!ライトトラックスはこちら

▼KATOJI公式オンラインストアでの購入はこちら

\会員登録でお得なクーポン配布中/

\メーカー直送/

品質保証!アフターサービスも安心

CHECK>>【公式】Joieベビーカーライトトラックス4を見てみる

CHECK>>【公式】Joieベビーカーライトトラックスを見てみる

ライトトラックス4とライトトラックスの共通する特徴

このシリーズの大きな特徴は、主に2つ。

1:2秒で折りたたみ可能!

座席の下に、折りたたみのボタンとハンドルがあります。

ボタンを押しながらハンドルを上に持ち上げるだけで・・・あっと言う間に折りたたみの完了!

座席のところからパタンと折りたためるようになっているので、畳んだあとはとてもコンパクト。キャリーバッグのように持ち運べます。

通常のベビーカーは持ち手のところに折りたたみのレバーがあります。

折りたたんでもベビーカーの大きさはそのままなので、けっこうかさばります。

これは大きなポイントです。

2:トラベルシステム

ベビーカーの座席を外して、座席と赤ちゃんだけ移動できるのが「トラベルシステム」。

専用のベビーシートと組み合わせれば、そのまま車にも乗せることができます。

赤ちゃんがグッスリ寝ているから起こしたくない・・・!ベビーカーのまま家の中に入れたい!そんな風に思ったこともあるお母さんは多いのではないでしょうか。

このトラベルシステムは、そんなお母さんの願いが形になりました。

車の中で熟睡している赤ちゃんをベビーカーに乗せて、家まで運んでベッドに乗せて・・・という一連の動作も、赤ちゃんを動かすことなく進められます。

トラベルシステムのセット購入はこちら↓

▼安心の4輪タイヤ!手元収納あり!カゴやほろは取り外し可能のライトトラックス4はこちら

▼小回りが効く3輪タイヤ!自由にリクライニング可能!ライトトラックスはこちら

▼KATOJI公式オンラインストアでの購入はこちら

\会員登録でお得なクーポン配布中/

\メーカー直送/

品質保証!アフターサービスも安心

CHECK>>【公式】Joieベビーカーライトトラックス4を見てみる

CHECK>>【公式】Joieベビーカーライトトラックスを見てみる

【知らないと損】Amazonでライトトラックス4を安く買うには?

Amazonではチャージ機能を使うことで、ライトトラックス4をよりお得に購入することができますよ♪

ご自身のAmazonアカウントにコンビニで現金チャージをすると、Amazonポイントをもらうことができるんです。

一回のチャージ金額ごとに下記の割合でAmazonポイントをもらうことができます♪

  • プライム会員は最大2.5%
  • 通常会員でも2.0%

Amazonでよくお買い物する方は使わないと損ですよ♪

CHECK>>Amazonチャージを見てみる

ライトトラックス4をふるさと納税でお得にゲット!

ライトトラックス4はふるさと納税対象商品です。

実質2,000円の負担でお得にゲットできちゃいますので、ぜひ検討してみてくださいね♪

ふるさと納税がはじめての方はこちらをチェック↓

CHECK>>ふるさと納税はじめてガイド[楽天]

ライトトラックス4とライトトラックスの違いを比較!おすすめはどっち?まとめ

ライトトラックスは、機動性にすぐれた3輪のベビーカーです。

ライトトラックス4は4輪になったものの、3輪の良いところをそのまま引き継いでいます。

手元収納がついた分、リクライニングやフットレストの調整に少し制限が出来たのかもしれませんね。

かごやほろを取り外せるのは、こまめに手入れしたい人には嬉しい機能です。

幅54cmという小型ベビーカー、一度体験してみてくださいね。

また、Joieベビーカーライトトラックスエアの口コミをこちらにまとめていますので、興味のある方は読んでみてくださいね↓

ライトトラックスエアの口コミ評価は?自立しない?たたみ方洗い方も調査 ライトトラックスエアの口コミ評価は?自立しない?たたみ方洗い方も調査

▼安心の4輪タイヤ!手元収納あり!カゴやほろは取り外し可能のライトトラックス4はこちら

▼小回りが効く3輪タイヤ!自由にリクライニング可能!ライトトラックスはこちら

▼KATOJI公式オンラインストアでの購入はこちら

\会員登録でお得なクーポン配布中/

\メーカー直送/

品質保証!アフターサービスも安心

CHECK>>【公式】Joieベビーカーライトトラックス4を見てみる

CHECK>>【公式】Joieベビーカーライトトラックスを見てみる

軽くてコンパクトなのに安定していると好評のコンビスゴカルSwitchもおすすめです↓

スゴカルSwitchの口コミ評判は?いつからいつまで?折りたたみ方も調査 スゴカルSwitchの口コミ評判は?いつからいつまで?折りたたみ方も調査